スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ロボ全開

今週から空き時間のほぼすべてを知ロボに費やす.
メカはだいたいできたが,肝心カナメの外装がうまくいかず右往左往している.
結局,胴体は塩ビ板を曲げて全体を箱形に覆う形に.その上からフェイクファーを貼る.
全体を覆うとGo-SWと電源SWまで隠れてしまうので急きょ窓をくりぬいて手が入る穴を確保した.電源SWは後ろ側に別付けのトグルSWを設置.密閉されたなかでTrevaの光源が必要なため,電球色LEDをボール取り込みかごの上に追加した.これで色認識は外乱光がないぶん安定して行えるようになった.


本物のねこバスはもっと天井が丸っこい形をしているのだが,それだと赤外LEDが設置できないので仕方なく平面にした.

 しっぽをフサフサさせることは困難を極めた.元々メカの作動範囲しか考慮していなかったために,クリアランスが狭すぎて毛を挟み込んでしまったり,関節の可動角の関係上一体のファーを貼り付けられない.結局試行錯誤の結果,めちゃくちゃツギハギだらけになってしまった.ツギハギをごまかすために毛足の長いファーに途中から修正したが,コレがまた扱いにくくて大変苦労した.切断面から毛が抜けやすいし,油断するとすぐにマジックテープにくっついてしまうのである.



まぁ,アップにするとヒドイできである.これは無いよなぁ,いくらなんでも・・・
最初から外装の可動範囲も含めて設計しなければ,まともなものはできない.今回それを思い知った.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。