スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像処理_2

今日はマーカ追跡のアルゴリズムを最適化して実行速度を上げることに挑戦.
メモリの使い方やループの中身を吟味して高速化した結果,
VGA(640×480画素)の処理で多点の位置と面積の認識で平均14fpsまで上げることに成功した.
認識結果の動画.


上記動画はファイル保存のためfpsが落ちたのを無理やりあわせたのでかなりカクカクしている.
これのどこがいいのかというと,ほぼ同じ計算時間でそれぞれ独立に多数の点の位置を追跡可能なところだ.このあと点列の座標をうまく処理していろいろなアプリケーションが可能になる.たとえば赤外線マーカを体につけてモーションキャプチャをやったり,グローバルカメラで複数台のロボット動きを一括取得したり,マーカを地面につけてロボットに搭載したカメラから自己位置の認識をやったり.

まずは一番簡単な一台のロボットの平面内での位置と方位の取得をやってみようと思う.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。