FC2ブログ

uOLEDの駆動など

今週末は4D-systemsのuOLED-128-G2で遊ぶ.このメーカのディスプレイはUARTからコマンドで簡単に制御できる.
文字や図形の表示のほか,BMPやAVIの再生も可能.(ただし,別途uSDカードが必要.)



このモジュールは納入状態でSPEモード(スレーブモード)で起動する.
4D-SYSTEMS社のサイトからダウンロードするWorkShop4IDEを使えば,ファームを書き換えてホストマイコンなしで直接ディスプレイを制御することもできる.

128x128ピクセルはやや小さいが,文字ならば18文字x16行とロボットをスタンドアロン動作させるには十分な情報量を提示できる.
せっかくホストが高速・大容量の32bitマイコンなのに,表示系がいつものモノクロ2行液晶ではつりあわない.
このOLEDモジュールは値段が高いが,発色が美しく制御が簡単なのがよい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク