スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Li-Feバッテリ導入

アウトドアデバッグのための携帯バッテリがお亡くなりになった.
鉛バッテリなのでポイッと捨てるわけにもいかず,専門業者 に引き取ってもらうことに.
せっかく専用ケースを作ったので,それにFitする同じ型の新しいバッテリーを購入しようと秋月電子を訪れるも,なにやら 鉛バッテリの価格 が高騰している模様.

小一時間悩んだ末,高価な Li-Fe(LiFePO4)バッテリ を買うことにした.
Li-Feにもいろいろあるみたいだが,今回のはバイク用の4セル品.



北米製で高価だが,サイズが今のケースに合うものということで渋々購入.
重量は鉛バッテリの半分以下になった.
しかし,容量は鉛バッテリ10Ahに対し6.4Ahに減ってしまった.
この容量について注意が必要なのが,メーカーのスペックシートによると18Ah-PbEQnなどとデカデカと書いてあるが,実際のバッテリ自体の容量は6.4Ahと1/3程度であることだ.
どうもこの手のバッテリはバイクやカー用ということで,セルモータによるエンジン始動を想定した時の,「鉛バッテリ容量換算」のスペックで書かれているみたいだ.
すこしでも容量を大きく見せようという販売戦略なのかもしれないが,とてもわかりにくい.
素直にWhで書いてくれれば良いのに.
これ以外にもメーカによっては多セル直列なのにわざわざ単セル換算の容量で書いてあったりするものもある.



さて,Li-FeバッテリはLi-PoやLi-ionのようなリチウム系のため,バランス充電すると寿命が延びることが期待できる.
上の写真は秋月電子の パーフェクト・ネオ でバランス充電しているところ.
ちなみにバランス充電用コネクタに合うケーブルは付属していなかったため,今回はありあわせの2.54mmピッチ基板スタック用コネクタを逆挿し防止形状に加工して使っている.

Li-FeはLi-Poのように爆発・発火はしないが,過放電,過充電は禁物.
Li-Feの単セル電圧は3.33V,満充電は14.4V,放電終了は12.0V.充電電流は1Cが基本.
専用充電器で太陽電池からもLi-Feを充電できる.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。