スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外でデバッグをやってみた

今週末は気分を変えるため,アウトドア・デバッグを行う.
アウトドア・デバッグとはその名のとおり屋外・野外でプログラミングを行うことである.
スマホやタブレット等を街頭で使うのとは違い,あくまでもハードウェアの制御コードを書くのが目的のため,静かな場所で長時間に渡ってPC操作を行う.

試しにノートPCだけ持って近所の公園でデバッグをやってみた.



結果は散々だった.全然デバッグに集中できない.
①とにかく暑い.日の当たるところでやると猛烈に暑く,液晶画面も見えずらい.
②虫が寄ってくる.アリや蚊など,リアル・バグとの格闘が必要になる.
③目立ってしまう.邪魔になる. 公園に備え付けのベンチ等を長時間占有するのはイカン.

そこで,会社のBBQで使った折り畳みテーブルとチェアを出してきて,日陰に設営した.



これでいくらか涼しくなったし,場所を選べば長時間いられるようになった.
しかし,新たな問題が浮上した.電源が取れないことだ.
PCの電源は満タンでも3時間ほどで切れる上,今後ターゲットボードやロボット本体を持ち出すことを考えると電源の確保は重大な問題である.

そこで,サブバッテリから直流電源を得ることを考えた.
余っていた秋月電子の鉛蓄電池(12V5Ah x2)をベースに,DC-DCコンバータを介してPCにDC19Vを供給する.



これだけの容量があれば,ノートPCだけなら半日程度は動かせる.
電源を車のバッテリから取る手も考えたが,それだとエンジンかけっぱなしになるため,「静かなところで長時間」というアウトドア・デバッグの目的にそぐわないため却下.

ちなみに,デバッグをなぜ外でやる必要があるのかは,この際置いておくことにしよう.
今はただ,「デバッグは室内でやるもの」という既成概念を打ち破りたいだけなのだ.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。