スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法線処理速度UP

今日はSTLの法線平滑化プログラムをブラッシュアップする.
面法線を平滑化した頂点法線に変換する際,計算量が多いのが共通頂点座標の探索である.
これを総当たりでやると,指数関数的に計算量が増えてしまう.

そこで「共通法線は読み込んだファイルデータのあるエリアに固まっている」という仮定のもと,
探索を効率的に行えるようにした.
たいていのモデルで従来に対し1/4程度の計算で済むようになった.

動きが軽快になったため,WEB上で閲覧できる3Dモデルもサクッと高画質レンダリングできるようになった.
例:VEX-Pro shopの部品
ここの部品ショップではPDF等のデータシート以外に現物の3Dデータ(STEPデータ)をダウンロードできる.
これをCADで開いてSTLエクスポートし,自作ソフトでPov-Ray形式に変換してレンダリングする.

メカナムホイール:




マルチモータギアボックス:



ダウンロードからレンダリングまで3分~5分程度でできる.
フリーソフトでこれだけできれば,もはや高価なCGレンダラーやハイエンドCADは不要なのではないかとすら思える.

なお,今のところ処理を全自動にするため材質設定は入れていない.また,着色はランダムで行っている.
材料指定もほぼ半自動でできる処理も今後はソフトに盛り込んでいきたい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。