スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートワーク三昧



RXでコントロールするモータドライブ基板をCADRUS-Xで作成している.
やることといえばひたすらマウスで部品の足と足をつなぐ線を引くことだが,これが奥が深い.

テキトーに線を引いていると,すぐに配線が混み合いパタンが通らなくなる.
そこからが真骨頂で,少しずつ配線やビアの位置を動かしつつ,どこにどのような配線を通すか戦略を立てる.
これが大変に面白く,中毒性がある.
とにかく一度始めるとなかなかやめられないのである.

今回初めて4層基板を試してみることにした.

4層基板ではGNDと電源を内層に持っているため,短い引き出し線に内層接続ビアを打つだけで配線できる.
実装面積が大幅に減ることを期待したが,実際にやってみたところ,両面板とあまり変わらなかった.
(当然電源とGNDパタンぶんだけ小さくはなっていると思うが.)
広いGNDプレーンによるノイズ低減効果に期待したい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。