スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のために

ここのところまたちょっと忙しく,ブログの更新やメールのチェックができていない.
いつのまにか知ロボも終わっていた.
行きたかった.出たかった.来年こそは.

最近はまた興味が発散気味で,いろんな本を見たりしている.
例のTEDのプレゼンからずっと気になっていた「自己認識」をマイコンで実現する方法を知るために

脳はなぜ心を作ったのか

人とロボットの秘密

あたりを読んでみる.
 これらの本を読むと人間の意識や記憶が決して神秘現象とかではなくて,工学的に実現可能という気がしてくる.(もしそれが実現したら賢いロボットができる代わりに人間の存在意義がなくなってしまうようでちょっと怖いが・・・)

 前野先生の提唱する受動意識仮説によれば,うれしい,悲しいといった感情やモノを見たときの質感も全部が脳のニューロンが作り出す錯覚であり,一種の幻ではないか,みたいなことが書いてある.
 脳ミソという箱の中に「自意識」という何か肉体とは違う精神的なものが入っていると思っていたが,それも幻なのかな.ニューロンの集合という一見単純な多数決機構から感情や知性が生まれてくるなんていうのはちょっと想像できない.

マイコンで生命を作ることは可能だろうか?
単純な入出力の時間関数(微分方程式で記述可能な現象)が,その選び方によっては「創発」という生命を感じさせる現象を起こすことも知られている.しかしそれも「生き物のように動いた」だけで,生きているとは言えないのかもしれない.
とにかく,ソフトウェアだけで生命を作るのは無理っぽい気がする.
体を持ったロボットが必要だろう.


マイコンで(人間のような)知能を作ることは可能だろうか?
FPGAを山ほど買ってきてニューラルネット回路を論理合成して,それに山ほどのセンサ入力をつなげば,形態は似てくる気もする.しかし,今のニューラルネットは一定範囲のパターン認識は得意だが,もっと人間らしい,たとえば記憶を使った推論なんかはまだまだできない.
この壁を何とか突破して,1を聞いて10を知るような知能ロボットができないものか.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。