スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネミコン 7sエンコーダ

今日は春のエンコーダ祭りで買ったネミコンの 7S-400-2MC-50-00E をぶん回す.

買ったのは400ppr品で最大応答周波数は100kHz.
100kHzは最大回転数に換算するとエンコーダ軸上で15000rpmとなる.
そこで下図のようなテストベンチを作り30000rpmまで回して波形を取ってみた.


結果,15000rpmまでは問題なし.
25000rpmを超えると4逓倍パルスが正常にカウントできなくなる.

波形を見ると高速になるほどA相,B相のDutyがだんだん偏ってきて,25000rpmではA,Bの位相差がほぼゼロになっている.
定格の15000rpmまでか,せいぜい20000rpmが限界だろう.
しかし,これまでこのクラスでメインだったコパル電子のRE12に比べるとずっと高速ではある.
RE12の応答は10kHzまでで,実際3500rpmぐらいからパルスが出力されなくなるためモータ軸直結に制約があった.

ちなみに7SのZ相基準の位相ばらつきも測ってみたところ,定速では±12%程度だった.
MAXONモータの光学式エンコーダと遜色ないレベルであり,周期的なパルスエッジ位相はそれなりに安定している.
エンコーダの軸(φ1.5)はミネチュアベアリングで支持してあり,偏芯や振れなどの機械精度も良さそうな印象。

配線に関して,出力がオープンコレクタなので注意.別途プルアップ抵抗が必要で,ノイズに弱い.
長い配線は避けるべきだろう.

ネミコン7Sはφ7というサイズに対して十分な性能を持っている.
小型ロボットへの応用が色々と期待できそうな一品である.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- かみやん - 2012年05月02日 13:11:35

定格以上だとどういう波形になるかまでみるのですね~。さすがレベルが違います。

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。