スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速オペアンプを試す


今日は高速型のオペアンプを試す.まずは計装アンプをLT1167(リニアテクノロジ)からピンコンパチのINA128(バーブラウン)に差し替えてみる.
これでスルーレートが1.2V/μsから4V/μsにアップする.しかし,出力波形はまったく変わらず.

それならばということで,今度は死蔵していた高速アンプLM6365(ナショセミ)を差動入力にしてやってみる.
このオペアンプは300V/μsで応答し300MHz以上の信号に対応できる.
しかし,これまたうまくいかない.変な波形が出たり,出力が振り切れたり・・・

 色々試しているうちに,ノイズがスパイク状だからといって単純にオペアンプを高速にすればいいというものではなさそうな気がしてきた.
それよりも入力前信号がちゃんと同相になるように,なおかつ帯域をできるだけ下げた状態で入力されるようにしたほうがマシになるんじゃないか.
もっと色々試していきたい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。