スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ロボ1日目

今日は仙台で知能ロボコンの観戦。
今年もいしかわさんとお会いできて,いろいろとお話ができてとても充実した一日だった。

やまもとさんの新作ははっきり言ってショッキングなものだった。
がっしりした機械から伝わってくるダイレクトな乗り心地といい,生物的な動きといい,まったく新しいエンターテインメントの予感がするマシンだった。

会場でいろいろな製作者の方に話を聞かせてもらうことができたが,みなさん自分の技術範囲を広げるべく果敢に新しいことに挑戦されていてとても感心させられた。
 競技台の上で行われる短い競技時間では分からないバックグラウンドの部分がとてもおもしろく,見えないところで様々な工夫がされていた。
万全の備えで競技台に上がったのにまさかのトラブル・・・どうせダメだと思っていたら奇跡の得点など,運の要素も強いこの大会ならでは激しい感情の抑揚が最初にこの大会に出ていた頃の自分を思い出させてくれた。

最初のころは無我夢中で「厳しい現実」と戦っていたんだよなぁ・・・
・・・3分/365日。いや,下手をすると10秒/365日かもしれない。
ホントに嫌になるような作業地獄を延々繰り返して,やっとマシンができあがったかと思ったら,一瞬ですべてが終わる。でも不思議なことに「今までの365日ってなんだったの?」とはならない。
うまくいってもいかなくても,あの本番の一瞬っていうのは製作者にとって最高の報酬なんだよなぁ・・・
なにかこう,それまの嫌になるような日々がすべてチャラになってさらにお釣りが来るくらいのものなのだ。
しかもあの特別な感覚って,365日の地味~な準備作業を乗り越えることでしか手に入らないんだよなぁ。

 

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。