スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプリングレートUP

今日はDSPの特性を生かすべくサンプリングを高速化してS/N比が向上するか試す.
結果はセンサによってはかなり向上することがわかった.

高周波側のノイズが強い場合はできるだけ高いサンプリングレートにしたほうが遅延が少なく高いノイズカット性能が得られることがわかった.
また,ジャイロの積分ドリフト量としてもLPF最適化で約20%減少することがわかった.

DSPの処理時間はきわめて高速(64tapでも10usec程度)なので,複数の信号を同時にフィルタリングする場合もかなりサンプリング周波数が上げられる.ソフトウェアの移動平均ではこうは行かない.

今日はDSPのすごさが身にしみた一日だった.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- かみやん - 2009年08月06日 02:39:21

64tapで、10usecとはすごい速さですね!
dsPICってすごいんですね。

Re - もやね - 2009年08月06日 19:18:29

DSPではCPUと違って命令をメモリから取り出す→デコードする→実行する
という余計な手順がありませんからね.
入力レジスタに値をセットすると即座に出力が出るダイレクト感がとても良いです.

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。