スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停動のテストなど

今日は新しい回路の評価も兼ねて停動トルク測定を行う.
モータの定格は15Wなので1.25Aまでだが,今回は信頼性がテーマなので短時間通電で停動まで評価することにした.
高価なモータを壊さないように定格以上入力するときは一回一回時間をおいて冷やしながら行った.

測定の結果,トルクはちゃんとDutyに比例している.また,最大トルク値もカタログ通り出ているので問題なし.
Duty=MAX時の電流値は7~9Aに達するが,このときの回路の誤作動や通信エラーもなし.
モータのカタログでは停動電流=9.5Aだが,その電流が流れるのは一瞬ですぐに熱ダレで下がる.
FETは停動まで放熱板なしで全く問題ない.モータ側もブラシレスはコイルが外(ケース側)にあるので放熱板を付けると効果ありそうだ.

今回の回路変更でゲートドライバとFETを変更してPWM周波数100kHzで効率よく駆動できるようにした.(ゲートの入力電荷小+デッドタイム500nsec→100nsec) 
この結果,同じ電圧で最大出力が14%UPした.また,ゲート抵抗を最適値に設定してノイズも低減できた.

来週以降,電流センサの作動チェックをしたらPCB作製に入りたい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。