スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考書読みあさる

 ****お知らせ****
 私の書いた記事が載ったDesign Wave MAGAZINEが発売になりました.CQ出版の技術系雑誌で,私はフリーソフトを使ったモータドライブユニットの設計例を書いてます.LSIや回路設計者向けの難しい雑誌ですが今月号はいくらか読みやすいです.このブログをご覧のテクニシャンの方々,ぜひ買ってください!


さて,今日は読書の日に決めて「自動車工学」や「トライボロジー」の本を読みあさる.ゴムタイヤの転がり摩擦の話とか,奥が深くて興味深い.以下トピックの備忘録.
・自動車のタイヤと路面の摩擦係数0.2~0.9 乾いたアスファルトでは0.7~0.8程度.転がり抵抗係数0.015程度.
・転がり抵抗は車輪半径に反比例する.→車輪が小さいほど抵抗大.
・動き初めの加速時,タイヤが30%程度滑ったぐらいで摩擦定数が最大になる.その後,動き出すと動摩擦になり摩擦力は下がる.車輪は推進力に比例してわずかに滑りながら進む.μ高くてもわずかには滑る.
・タイヤの摩耗量はスリップ率の4乗に比例して増大.
.摩耗によるμ低下に対してタイヤの縦溝は有効.横溝については平坦でドライな路面ではあまり効果ない(?)

次はトラ技を読みあさってブラシレスの駆動回路を作成開始したい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。