スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uOLEDのテスト


今年最後の作業日になった.今年は大晦日もロボット三昧の,シアワセな年末(?)を過ごしている.
今日はOLEDディスプレイ[uOLED-32024-P1]の動作テスト.高いモジュールなのでちゃんとテスト用の簡易台を作成した.
このボードのスタートアップの手順,とりあえず動かすためのTIPSは以下のとおり.
ボードは単体では動作しない.4DGLという独自のプログラム言語でアプリケーションを作成してターゲットボードにダウンロードして使う. まずは開発環境一式をダウンロード.ボードから出力されるシリアル信号はTTLレベルなのでUSBシリアルかRS-232C用ICなども用意する.
4DGL Workshop 起動後,プロジェクトプラットフォームはPicasoを選択.作成したプログラムのダウンロード先はRAM,フラッシュROMが選べる.適当なサンプルをコンパイル後,ダウンロードのボタンを押してすぐにモジュールの電源を入れる.この操作が遅いとタイムアウトして[デバイスが応答しません]と出てしまう.
ボードのファームウェアは専用のソフト[PmmCLoader]でアップロードできる.ファイル形式は[**.PmmC]である.ソフトを立ち上げ,[Load]ボタンを押すと[Waiting For Device...]と出るので,モジュールの電源を入れるとロードが始まる.
最新のファーム:PmmC Ver1.4ではなぜか動作がおかしい・・とりあえずPmmC Ver1.3は正常に動作した.
プログラム言語はC言語ライクでとても簡単.プログラム中でUARTのコントロールができるので,これでマイコンとのインターフェースアプリを作成できる.(普通のI/Oは付いていない.)

まだサンプルを動かしただけだが,さすがうわさ通りコントラストが高くとても鮮鋭な印象を受ける.
BMPや動画を自在に出せるようにがんばっていきたい.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- hide-i - 2009年01月03日 01:29:49

はじめまして。今後ともよろしくお願いします。
OLEDディスプレイとUSBシリアル間のリセットの接続は、どのようにしていますか?
私は、μOLED-160-G1で同じく秋月のUSBシリアル接続しているのですが、リセット接続はトランジスタとコンデンサ、抵抗で簡単な回路をつけています。これをしないとPmmCが書き込めませんでした。
μOLED-32024-P1は、PICASO-MD3エンジンですよね。うらやましいです。μOLED-160-G1はGODELOX-GFXで、4DGLで使用する場合、PICASOより使用できる関数が少ないです。

- もやね - 2009年01月03日 16:41:06

Hideさん,こちらこそよろしくお願いします.いつもHideさんのHPも興味深く拝見させていただいてます.
HideさんのuOLEDは2足のモニタ用ですか!スゴイ・・・
私のリセット端子はオープンになってます・・・書き込みの時は手動でリセット(というか単にタイミング良く電源スイッチを入れるだけ・・・).邪道かもしれませんがいったんちゃんと書けてるで,ま,いっか!という感じです.
4D-sysytemsの製品って解説が英語なのでスタートアップからまず大変なんですよね・・・私もかなりはまりました.でも一度絵が出だすと楽しいですね!画像めちゃくちゃきれいですから!

- hide-i - 2009年01月03日 19:36:58

>私のリセット端子はオープンになってます・・・書き込みの時は手動でリセット(というか単にタイミング良く電源スイッチを入れるだけ・・・).
やっぱりそうですか。私も最初は手動でやっていたのですが、うまくいったりいかなかったりで回路追加しました。
>画像めちゃくちゃきれいですから!
そうですね。写真とか動画でHPに載せても、現物の表示感が出ないです。実物は鮮明ですよね。

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。