スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SH2-Tinyの火入れ

今日は死蔵していたSH2-Tiny(秋月電子製)に火入れしてプログラム環境を整える.秋月のSH2-Tinyは単体だと1500円と激安にもかかわらず,50MHz動作が魅力的なマイコンだ.

SCIの通信速度UPをはかるべく,簡単なプログラムで性能をチェックする.通信速度は128kbpsまではできたが,256kbpsではフレーミングエラーが多発してまともにデータを送れない.
インターフェースICやUSBーシリアル変換ICの性能的には460kbpsぐらいは出るハズなのだが・・・
高速,大容量というからには1MbpsぐらいでPCとやりとりしたいものだ.シリアルではさすがにムリがあるのかもしれない.USB-PICに手を出すしかないのか・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ほり - 2008年09月22日 01:26:45

MAXのチャージポンプが追いついてないとか?シンクロで見て、電圧下がっているようなら、容量を0.1u追加したほうが安定します。
積セラ104で安物は-20%、+?%でマイナス側が大きい場合があるから。

- moyane - 2008年09月22日 16:46:42

ほりさん,どうもー
レベル変換ICがアヤシイとのご指摘ですね.秋月ボードにはアナデバADM3202(460kbps)が乗ってますが,確かに昇圧チャージCが不足すると電圧が十分上がらないこともありそうですね.さっそく波形見てみます.
いやー鋭いご指摘,毎度ありがとうございます.

- will - 2008年09月22日 21:31:16

ボーレートの誤差は問題ないですか?
SH-tinyのクリスタルを、12.5MHzから12.0MHzに変更すると、解決するかもしれません。

- moyane - 2008年09月23日 00:30:56

Willさん,コメントありがとうございます.
BRRの設定値とエラーレートは見てまして,12.5MHzで128,256kとも1.73%となっているので悪い値ではないです(5%以内ならO.K?).
ちなみにSH系のマイコンで24.576MHzとか,中途ハンパなX'talが使われている理由がこのビットレート調節用だっていうのも最近知りました・・・

- will - 2008年09月23日 09:05:45

USBベースのUARTは、ベースクロックの関係で、正確に256kbpsは出せなくて、250kbpsになるんじゃないか、と。
shとは反対側にズレていると思うので...

- moyane - 2008年09月23日 15:10:41

willさんどうもー.
おっしゃるとおり,ブリッジICのほうに原因がありそうです.
秋月電子のUSB-シリアル変換ケーブルに入っているPlolificのPL-2303で設定できるボーレートに制限があることが分かりました.
115200,230400,460800のように標準的なビットレート(300の倍数)しかサポートしてないようです.
おかげさまで解決しそうです.
ありがとうございます.

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。