スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dsPICのエンコーダ入力できた

今日は2相エンコーダ入力を試す.一回目のビルドで問題なく動いた.
 dsPICは駆動周波数をかなり高く設定できるので,エンコーダの分解能もけっこう上げられる(1MHzぐらいまではO.K).また,シュミットトリガ入力や簡単なデジタルフィルタ(3バッファのローパスフィルタ)も内蔵されていてノイズに強い.この機能は実にうれしい.

ここまででサーボがかけられる準備はできた.しかし,フィードバックのプログラムはいったん後回しにして,明日以降はSPI通信などをやって行きたい.

やる順番
済 0.I/Oアクセス
済 1.PCとのシリアル通信
済 2.インターバルタイマ
済 3.モーター制御用PWM
済 4.2相エンコーダ入力
  5.SPI通信
  6.内蔵EEPROMアクセス
  8.インプットキャプチャ機能
  7.Motion-Reactorのファームウェア
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。