スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EEPROMアクセスとインプットキャプチャできた

今日も引き続きdsPICと戯れる.

EEPROMアクセスはC言語からアクセスする方法が分かりにくくて,とても時間がかかった.
結局一部をインラインアセンブラで記述する方法でやっとできた.
C30コンパイラ用 dsPIC EEPROM読み書き

エンコーダ信号のインプットキャプチャの動作テスト.つまらないところでハマリ,相当な時間を要した.まだタイマの値をキャプチャできただけなので,今後バッファを使用して速度計測のコードを書いていかなければならない.

今日はマイクロチップのマニュアルをあれこれあさったり,MPLABのメニューをポチポチ押していろいろ試したりした為に,今まで知らなかったことがかなりわかってきた.やはり問題に直面してそれを解決する過程で得られるものは非常に大きい.

ここまでで必要な内部モジュールの動作確認はほぼ完了したので,次はいよいよ本チャンのファーム作成に移りたい.

やる順番
済 0.I/Oアクセス
済 1.PCとのシリアル通信
済 2.インターバルタイマ
済 3.モーター制御用PWM
済 4.2相エンコーダ入力
済 5.SPI通信
済 6.内蔵EEPROMアクセス
済 7.インプットキャプチャ機能
  8.Motion-Reactorのファームウェア
   8-1 PWMモーター駆動+エンコーダ入力の確認(CW,CCW合わせ)
   8-2 PID制御の実装
   8-3 マスターからの割り込みによる軌道追従
   8-4 OPアンプ+A/D入力によるDSP機能のテスト(温度計測,電流計測)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。