スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPI通信

今日も通信関係をいじる.
バッファの問題はトレラント機能のあるDIP品がなかったので,とりあえず74ACを入れてみたらそれなりに動くようになった.このICでは焼ける可能性があるが,今のところ問題ない.

マスター側のSH2は49MHz動作しているのだが,I/Oの切り替えでSPI通信をやるとコンパイラの最適化をかけても780kbpsがいいところだった.これではdsPICの半分以下の速度しか出ていない.ベステクのコンパイラ(GCC)がイマイチのせいだろうか? 今度SHCの評価版も試してみよう.

さて,通信速度はさておき多マイコンの切り替え実験がまだ済んでいない.
SPIにはスレーブをイネーブルにするピン(SSピン)があるが,たとえば16chのスレーブを制御するにはマスタ側にも16本のI/Oピンを用意する必要がある.外付けRAM用のバス線で大量にI/Oを奪われるSH2ではピンが足りなくなる可能性がある.そこで間に直列→並列のシフトレジスタをかませることを考える.(74HC595,74HC673など.)
これを使えばch数がいくら増えても制御ピンは2~3本程度で済みそうだ.

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。