スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信号分岐回路 再トライ



今日はHレベル信号を次々に切り換える回路の試作,動作確認.
ロジックICに74HC4017を2個使って最大18chの切り替えをやってみた.とりあえず欲しい動作はひととおりO.K.制御線は全部で3本になったが,ソフト的にはすごくシンプルにできた.これなら使えそうだ.

軌道追従のアルゴリズム評価と条件追い込みの準備をする.dsPICのEEPROMに登録してあるゲインの編集などをSPI経由でマスター側から行えるようにして,使い勝手を良くした.しかし,1msecごとに記録された各種制御量のデータが大きく,ターミナルソフトからEcxelにコピーするのがめんどくさい.Trevaの時のようにPC側にもシリアル受信関数を組んでファイルに保存したり,リアルタイムにグラフ表示したりすればもっと快適になるだろうが・・・
 これまでの経験上,マイコンーPC間のシリアル通信はマイコンやPCのOSによって動作条件が変わるので安定して通信ができるようになるまでにやたらと時間がかかってしまう.データ管理のためだけに,はたしてそこまでやるべきかどうか?
先にCFカードアクセスをやったほうがのちのち汎用性があっていいかもしれない.
USBも再開したいなぁ・・・インターフェース系は,やり始めるとキリがないなぁ・・・


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。