スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モータドライブ基板


年末年始はP板.comのCADRUS-Xを使ってMR基板のパターン配線にトライ.
パターンを引くのは初めてなので,とにかく配線をできるだけ短く,スルーホールを少なくするよう心がけた.デザインルールは最小線幅0.2mm,最小クリアランス0.15mmとした.FETと一部のパーツを除いてできる限り表面実装部品を使い,コストダウンと実装面積削減を狙った.42種91部品で基板外径は73×85mmとサイズはまずまず.あとは重量だ.
コストは部品費+基板製造コスト合計で@8992円(10枚程度の場合)と,とても高くなってしまった.FETと電流検出ICが高いのと,大電流用のコネクタ(ディーンズコネクタ)もいい値がする.
このあとチェックをして発注に移りたい.
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。