スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POV-RAY

今日はちょっと寄り道してCG.
以前からあめーば3rdのシミュレーションでOpenGLに触れていたが,デモ用にもう少しリアルな表現ができないかと思っていた.
いろいろ探していて見つけたフリーソフトのPOV-RAYはOpenGLライクなテキストベースのレンダリングソフト.物体の位置や光源の位置などを数値で記述してレイトレーシングを行うことができる.使ってみるとクオリティーがすばらしく,記述言語のパターンもC言語やOpenGLに近くて私にはとっつきやすい.
POV-RAYのシーンファイルは変数や三角関数なども使えるため,ロボットの動きをオフラインレンダリングしてCGデモを作成することもできそうだ.
これは使えるかもしれない.


動画1: レイトレーシング+フォトンマッピング(点光源))



動画2: レイトレーシング+フォトンマッピング(面光源))

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

もやね

Author:もやね
長野県在住の会社員(メカニカル・エンジニア).
ロボットは完全な趣味としてやってます.
E-mail:
mo_ya_ne[a]yahoo.co.jp
[a]⇒@

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。